日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2001年ニュース&トピックス > インドに販売総代理店開設、12月より販売開始
2001年11月21日
インドに販売総代理店開設、12月より販売開始

 日本貨物航空株式会社(NCA、本社:東京都千代田区、社長:伊地知 尚)は、12月1日付けにてインドに販売総代理店(GSA:Global Aviation Services社)を開設し、販売を開始致します。

 Global Aviation Services社は、ムンバイを本拠地とするインドにおける貨物販売総代理店の最大手の一つであり、NCAは同社との間でインド全域を販売地域とする総代理店契約を締結しました。

 12月1日より、ムンバイから日本向け輸出貨物をUPSのムンバイシンガポール間のフレーターサービス(B767F:運航日 火、水、木、金、土)や全日空、カンタス航空等のサービスを利用してシンガポール、バンコクまで輸送し、NCAのオンラインサービスに接続致します。

 また、今後Global Aviation Services社のネットワークを利用してデリー、カルカッタ、チェナイ、バンガロール等を販売地域とし、インド発サービスを更に充実させる予定です。

 インドは経済自由化政策の下、近年輸出が増大しております。現在もIT産業等への外国資本による対印投資が拡大しており、今後も輸出入の活発化が期待されております。NCAは、地元有力GSAを起用することで販売体制を確立し、サービスネットワークの拡充を図ってまいります。


以上