日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2003年ニュース&トピックス > IATA貨物運賃規則変更のお知らせ
2003年9月1日
IATA貨物運賃規則変更のお知らせ

 IATA運賃調整会議における郵便投票の結果、従価料金(Valuation Charge)と別送手荷物(Baggage shipped as Cargo)に関する規則が変更され、10月1日より発効いたします。(政府認可取得済み)

従価料金 (IATA決議 503)
従価料金の算出基準が、申告価格の17 SDR/Kg(日本発については20USD/Kg)を超過する部分の0.75%(従来は0.5%)に変更されます。
但し、南西太平洋地区発は従来通りです。
別送手荷物 (IATA決議 598)
一般貨物賃率=Applicable GCR(従来はNormal GCRの50%)が適用されます。
但し、マレーシア、タイ、南西太平洋地区発は従来通りです。


以上