日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2008年ニュース&トピックス B747-400F、7号機「NCAアンドロメダ」を受領

                                                               2008年6月3日

B747-400F、7号機「NCAアンドロメダ」を受領

                      6月4日、アムステルダムに向けて初便就航

 

 日本貨物航空株式会社(NCA、本社:東京・港区、社長:石田 忠正)は、5月29日(現地時間)にボーイング社(米国)より当社として7機目となるボーイング747-400型貨物専用機を受領し、同機は6月1日に成田空港に到着致しました。

 NCAでは、翌2日に社員の家族を対象に同機の機体見学会を実施致しました。総勢50名を超える参加者が社員の説明を受けながら機体を見学し、普段見ることのできない特殊な機体内部の様子と貨物機特有のノーズドアの開閉作業に驚嘆していました。機体見学に先立ち、一行は前日に完成したばかりのNCA乗員訓練センターも見学し、NCAの着実な自立への歩みを確かめました。

 同機は、6月4日08時00分にKZ5008便にてアムステルダムに向けて成田空港を出発致します。今回のB747-400F 7号機導入に伴い、6月2日より週間運航便数を38便から43便に増便致しました。NCAは今後もフリートを増加し、お客様へ高品質のサービスを提供するとともに更なるネットワークの増強に取り組んでまいります。

        

                                                         

    ▽機体見学会写真  

                                                                     以 上

                                                                                      お問い合わせ先:総務部広報室 TEL0476-33-5102