日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2009年ニュース&トピックス >環境にやさしい最新鋭ハンガー、成田空港に完成

  

                                                             2009年 7月 2日

環境にやさしい最新鋭ハンガー、成田空港に完成

 日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:石田 忠正)は、成田国際空港整備地区に整備用ハンガー(格納庫)を建設いたしました。 2009年4月30日に竣工し、6月8日より供用を開始いたしました。

 NCAハンガーは、ボーイング747-400型貨物機(B747-400F)又はB747-400Fより一回り大きい今後導入予定のボーイング747-8型貨物機 1機を収容する規模であり、更に様々な環境保全のための工夫が施されています。適度な光を透過させるポリカーボネートを使用することで、間接光に近い柔らかな光をハンガーに取り込むことが可能になり更に、大型トップライトとの併用により広いハンガーの中央部にも自然光を取り込み、室内の照度の均一化が図られます。省エネルギーで環境に優しく、働く人にも優しい「明るいハンガー」です。
 更に、優れた自然換気システム、雨水利用の機体洗浄、屋上緑化等の様々なエコロジーアイテムを取りいれるなど環境に最大限配慮しています。
 通常、国際線の貨物専用機は午前中に成田空港に到着し、夜に出発するスケジュールが組まれており、そのため、機体が駐機している昼間に整備作業を行うことが多く、このハンガーでは、曇りの日でも照明の必要がありません。
 これらの省エネ・環境保全策により、年間のCO2排出量は、従来型格納庫の900トンから620トンになり、約30%削減可能となります。


    

 

                                       環境保全のための主なエコロジーアイテム

  CO2削減 87トン/年間           CO2削減 72トン/年間             CO2削減 16トン/年間

    

                         CO2削減 2.0トン/年間             CO2削減 5.7トン/年間

    

                                                                                                                                           
                                                                     以 上

                                     お問い合わせ先:総務部広報室 TEL:0476-33-5102

?