日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2009年ニュース&トピックス >新財務・管理会計システム"i-Account"稼動で4大基幹システムが勢揃い

                                                             2009年 8月26日

       「新財務・管理会計システム"i-Account"稼動で4大基幹システムが勢揃い」


日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:石田 忠正)は、この7月13日に財務会計と管理会計が統合化された新システム“i-Account”を稼動させました。 8月上旬には最初の月次決算処理を終え、8月 12日に全面稼動のセレモニーを執り行いました。
この“i-Account”はドイツSAP社の統合パッケージソフト(ERP6.0)を採用し、国際航空貨物運送業に適合させるべく2007年12月に開発をスタートさせました。開発に当たっては東洋ビジネスエンジニアリング(株)を起用いたしました。 既に稼動している運航管理システム(i-Sky)、機体整備システム(i-Macs)、航空貨物運送システム(i-Cargo)と合わせ、これで4大基幹システムが勢揃いしました。

      特徴
      1、IT分野 
          ・  本支店間(海外含む)をオンラインネットワークで結んでの集中処理
          ・  24時間・365日のノンストップ稼動
          ・  運航管理システム(i-Sky)、機体整備システム(i-Macs)、航空貨物運送システム(i-Cargo)とのデ

                           ータ 連繋
            2、業務分野 
        財務会計
                     ・    国際会計基準とJ-SOX要件への完全対応
                     ・    ワークフロー機能の利用による伝票処理の効率化・迅速化を促進
                     ・   i-Cargoの売上/精算(対フォワーダー・エアライン)情報とのインターフェイスによる伝票自動編集             
          ・   i-Macsの部品購買・在庫情報とのインターフェイスによる資産管理と費用伝票の自動編集
                管理会計
                     ・    運航・貨物輸送・売上情報をタイムリーに取得し、月次のみならず週次サイクルでの採算分析の
                           システム化を達成  

                 

                                                 i-Account全面稼動セレモニー(8月12日NCA本社にて)

                                      

                                                                                                                                               以 上

                                                                                                                                お問い合わせ先:総務部広報室 TEL0476-30-3946