日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2009年ニュース&トピックス > 2009年12月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額変更について

                                                             2009年11月10日

             2009年12月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ

                                                  適用額変更について

 

 日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:石田 忠正)は、当社が指標燃油価格に用いているシンガポールケロシン(MOPS = Mean of Platts Singapore)の2009年10月の平均燃油価格が1バレルあたり80.07ドルとなったことを受け、スキームに基づき、2009年12月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額の改定を本日11月10日付で国土交通省へ申請いたしました。

                                                                   記

1. 適用金額 :
                  TC1(主に北米・中南米)宛           : 72円/Kg (現行適用額58円)
                  TC2(欧州・アフリカ・中近東)宛     : 72円/Kg (現行適用額58円)
                  TC3遠距離(下記以外のTC3)宛   : 61円/Kg(現行適用額49円)
                  TC3近距離(香港・中国・韓国)宛    : 51円/Kg (現行適用額41円)

2. 適用開始日 : 2009年12月1日 発行の航空運送状より

3. 燃油サーチャージ適用表・減額及び廃止条件 : 別紙参照

                                                                   以 上 

 

                                         お問い合わせ先:総務部広報室 TEL0476-33-5102