日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2013年ニュース&トピックス > 日本貨物航空、IATA Multilateral e-AWB Agreement に参加表明

2013年ニュース&トピックス

2013年12月2日

日本貨物航空、IATA Multilateral e-AWB Agreement に参加表明

 

日本貨物航空株式会社(社長:坂本 深)は、航空貨物業界のEDI 化を促進するべく、この度、IATA(国際航空運送協会) Multilateral e-AWB Agreement に参加表明いたしました。

 

IATA Multilateral e-AWB Agreement は、IATAに参加表明することにより、IATAが定める要件(IATA決議 672 IATA Multilateral e-AWB Agreement)に則ったe-AWB(注1)での輸送が可能となります。(注2)

 

今後も当社は、e-AWB 導入の路線拡大を進め、EDI 化の促進による航空輸送サービスの品質向上に努めてまいります。

 

(注1)e-AWB・航空輸送上の必須書類であるMaster Air Waybill を電子化したもの。

(注2)Activation Noticeにてお客様に対する通知をさせていただくことが必要


                                  

以 上

お問い合わせ先:経営企画部TEL0476-30-3946