日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

ニュース&トピックス|NCAからの最新ニュースやトピックスをお伝えします。

PRINT
ホーム > 2010年ニュース&トピックス > ”NAAエコキッズ・クラブ”NCAの最新鋭エコハンガーを見学

2010年ニュース&トピックス

                                                                2010年3月15日


        “NAAエコキッズ・クラブ”NCAの最新鋭エコハンガーを見学

2010年3月13日に成田空港エコキッズ・クラブの小学生40名が日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長 石田 忠正)の最新鋭エコハンガーを見学しました。
成田空港エコキッズ・クラブにとっては、今回が初めてのNCAハンガー訪問でした。

NCAのハンガーは、様々な環境保全のためのアイテムを取り入れた最新鋭のエコハンガーとして、昨年4月に成田国際空港に誕生し、6月より整備業務を開始しております。
見学会では、最も環境保全効果の高い、透過性のポリカーボネイトを用いたライトウォールやトップライトで施された明るいハンガーを体感してもらうと共に、現役パイロットより環境にやさしい航空機の運航の仕方や、軽量パレットや軽量カーゴネットなどを始めとした、貨物航空会社特有の環境に配慮した取り組みについても学んでもらうプログラムを用意しました。さらに、貨物航空機の最大の特徴であるノーズカーゴドアから貨物室の様子を見学し、現役整備士よりその特徴やしくみについて学びました。また同時に、普段見ることが出来ないノーズカーゴドアの開閉を間近で見学し、驚嘆の声が上がりました。パイロットや整備士と写真を撮影するなど楽しい場となりました。

NCAでは、今後も人と地球にやさしい活動に積極的取り組むと共に、航空貨物輸送の役割やその重要性などについて広く理解を深める活動に努めてまいります。

     

         

        

    (写真 上段(左)現役パイロットによる環境についての取り組みの説明 (右) 整備士より飛行機の仕組み

     についての説明、 下段(左)ノーズカーゴドアの見学、右 機体(JA05KZ/NCA Apollo)前で集合写真

「成田空港エコキッズ・クラブ」とは?
 成田国際空港会社が、成田空港において実施している環境への取組みを紹介し、空港周辺の自然環境に触れな 

  がら、環境の大切さを感じてもらうことを目的として設立、2005年6月より活動を開始。

お問い合わせ先:総務部広報室TEL0476-30-3946