日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT

お客さまへのお知らせ

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)

燃油サーチャージ制度概要

1. 燃油サーチャージ適用表

レベル

指標燃油の

平均燃油価格

TC1/2

TC3

遠距離宛
(右記以外のTC3

近距離宛
(香港、中国、韓国、

台湾)

(米ドル/バレル)

(以上?未満)

 サーチャージ額(¥/kg

21

135~140

149

127

106

20

130~135

142

121

101

19

125~130

135

115

96

18

120~125

128

109

91

17

115~120

121

103

86

16

110~115

114

97

81

15

105~110

107

91

76

14

100~105

100

85

71

13

95~100

93

79

66

12

90?95

86

73

61

11

85?90

79

67

56

10

80?85

72

61

51

9

75?80

65

55

46

8

70?75

58

49

41

7

65?70

51

43

36

6

60?65

44

37

31

5

55?60

37

31

26

4

50?55

30

25

21

3

45?50

23

19

16

2

40?45

16

13

11

1

35?40

9

7

6

0

35未満

廃止

※ 燃油指標: シンガポールケロシン

2. 設定・変更・廃止の条件

① 額改定適用開始日

各月の1日

② 適用する燃油価格

前々月1ヶ月の指標燃油(シンガポールケロシン)の「平均燃油価格」を、当社の適用燃油価格とし、適応したサーチャージ額へ変更致します。

指標燃油の「平均燃油価格」が、基準値である35米ドル/バレル(レベル0)を下回った場合は、国土交通省に申請し認可された後、廃止致します。

燃油サーチャージは貨物の運賃適用重量に対して適用致します。

燃油サーチャージは最低料金適用貨物には適用致しません。

燃油サーチャージの金額は航空運送状の「Other Charge」欄に「MY」のコードを付けてご記入いただき、

「Total Other Charges Due Carrier」欄に他の料金との合算額をご記入ください。

 

                                                                                                                                                       以上前のページへ