日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT
ホーム > 日本貨物航空について > お客さまへのお知らせ > 燃油サーチャージ > 日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額変更のご案内

お客さまへのお知らせ

2008年4月8日

日本発国際航空貨物燃油サーチャージ制度の改定及び適用額変更のご案内
(政府認可取得済)
拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より日本貨物航空(NCA)をご利用賜り、誠に有難うございます。

さて、弊社は2008年3月31日付にて国土交通省へ申請しておりました日本発燃油サーチャージ適用額変更について、4月4日に政府認可を取得いたしました。今般見直しを行いました新燃油サーチャージ制度とあわせ、下記ご案内申し上げます。弊社といたしましては、今後より一層の経営努力によりコスト削減に努めていく所存でございますので、何卒ご理解、ご協力を賜りますよう宜しくお願いします。

敬具

1. 燃油サーチャージ制度の見直しの経緯
  

当社は2007年9月より新燃油サーチャージ制度を導入致しました。同制度では、当社が一部路線においてB747-200Fで運航していた時期の諸実績をもとに適用額を設定致しました。一方、当社は新燃油サーチャージ制度導入後も続く異常な燃油価格の高騰に対応するため、新機材への機材更新を加速することを決定し、4月から全便B747-400Fで運航致します。この更新に伴う運航路線の見直しや使用機材の燃費向上等により当社が負担する燃油コストは、従来に比べて僅かながら軽減されると予想されるため、その一部をお客様に還元することを目的として燃油サーチャージの設定額の見直しを実施することと致しました。また同時に、昨今の急激な原油価格の変動に柔軟に対応するため、燃油サーチャージの設定、変更、廃止のための所定日数を短縮させていただきます。

2. 制度改定の内容


  (1) 設定金額の見直し
     米国線及びアジア線の燃油サーチャージ額を各レベル1円ずつ減額致します。
     ※新燃油サーチャージ適用表 (別紙参照)

  (2) 設定・変更・廃止のための所定日数の変更
     【現行】 20連続営業日 → 【改定後】 14連続営業日

  (3) 適用開始日
     上記(1)については、2008年5月1日発行の航空運送状より開始致します。
     上記(2)については、2008年5月1日より適用開始致します。

3.新制度の適用にもとづく燃油サーチャージ額の改定
  

当社指標のシンガポールケロシン価格(MOPS)は2008年2月14日から3月12日までの期間に20営業日連続でバレルあたり110ドルを超過致しました。従って、上記1で改定する新燃油サーチャージ適用表にもとづき、全エリア110ドルレベルへの改定を実施致します。

   (1) 適用開始日:2008年5月1日 発行の航空運送状より
   (2) 改定後の適用金額
      MOPS 110ドルレベル
      TC1/2宛 : 114円/Kg
      TC3宛 :   97円/Kg


4. 徴収方法

  • 燃油サーチャージは貨物の運賃適用重量に対して適用致します。
  • 燃油サーチャージは最低料金適用貨物には適用致しません。
  • 燃油サーチャージの金額は航空運送状の「Other Charge」欄に「MY」のコードを付けてご記入いただき、「Total Other Charges Due Carrier」欄に他の料金との合算額をご記入ください。


5. 設定・変更・廃止の条件

 

シンガポールケロシンの価格が、指標燃油価格を一定期間(14営業日)連続して超えた場合に国土交通省に申請を行います。

 

  1. レベル1(35.0米ドル/バレル)を上記一定期間超えた場合に、レベル1のサーチャージ設定を国土交通省に申請し認可された場合、適切なお知らせ期間後に適用を開始致します。
  2. レベルごとに設定された燃油価格を上記一定期間、超えた場合又は下回った場合に、レベルごとの適用額への変更を国土交通省に申請し認可された場合、適切なお知らせ期間の後に適用を開始致します。
  3. 基準値である30.0米ドル/バレル(レベル0)を上記一定期間下回った場合、国土交通省への申請を行い認可された場合に可能な限り速やかに廃止と致します。

 

新燃油サーチャージ適用表

レベル

指標燃油価格

TC1/2宛

TC3宛

(米ドル/バレル)

サーチャージ額(円/Kg)

サーチャージ額(円/Kg)

16

110

114

97

15

105

107

91

14

100

100

85

13

95

93

79

12

90

86

73

11

85

79

67

10

80

72

61

9

75

65

55

8

70

58

49

7

65

51

43

6

60

44

37

5

55

37

31

4

50

30

25

3

45

23

19

2

40

16

13

1

35

9

7

0

30(基準値)以下

廃止

 

減額及び廃止条件

  • USD105.00を14営業日連続して下回った場合、¥107、¥91に減額
  • USD100.00を14営業日連続して下回った場合、¥100、¥85に減額
  • USD95.00を14営業日連続して下回った場合、¥93、¥79に減額
  • USD90.00を14営業日連続して下回った場合、¥86、¥73に減額
  • USD85.00を14営業日連続して下回った場合、¥79、¥67に減額
  • USD80.00を14営業日連続して下回った場合、¥72、¥61 に減額
  • USD75.00を14営業日連続して下回った場合、¥65、¥55 に減額
  • USD70.00を14営業日連続して下回った場合、¥58、¥49 に減額
  • USD65.00を14営業日連続して下回った場合、¥51、¥43 に減額
  • USD60.00を14営業日連続して下回った場合、¥44、¥37 に減額
  • USD55.00を14営業日連続して下回った場合、¥37、¥31 に減額
  • USD50.00を14営業日連続して下回った場合、¥30、¥25 に減額
  • USD45.00を14営業日連続して下回った場合、¥23、¥19 に減額
  • USD40.00を14営業日連続して下回った場合、¥16、¥13 に減額
  • USD35.00を14営業日連続して下回った場合、¥9、¥7 に減額
  • USD30.00を14営業日連続して下回った場合、廃止

 

ご質問・お問い合わせは、最寄りの弊社営業部門までお願いいたします。

以上