日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT
ホーム > 日本貨物航空について > お客さまへのお知らせ > 運送・保安 > リチウムメタルバッテリー UN3090 PI968 SectionⅡの取り扱いについて

お客さまへのお知らせ

                                                               2015年2月23日

                                                                                                                                     

                                                                                                                                       

                                                        
お客様各位

                                                                                                                                 日本貨物航空株式会社

リチウムメタルバッテリー UN3090 PI968 Section Ⅱの取り扱いについて

 

 拝啓、時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

 平素は弊社業務に格別のご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。

 さて、2015年1月1日発効のIATA危険物規則書第56版(DGR)において、リチウムバッテリー規則改定に伴う弊社リチウムメタルバッテリーの受託に際しては、貨物の安全運送ならびに航空機の安全運航の観点から、UN3090 Section Ⅱの取扱を下記のとおり、ご案内させていただきます。

 NCAは、更なる安全確保と、なお一層のサービス向上に努めてまいりますので、今後ともお客様のご理解とご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。

敬具

 

1. 対象:          日本発 UN3090 Section Ⅱに該当するリチウムメタルバッテリー

                       ※ Back to Backおよび同一Shipper複数Consignee宛の混載は可。

2. 受託体制と取扱手数料

 UN3090 Section Ⅱの取扱要件変更に伴い、UN3090 Section Ⅱの個別受託チェックを行ったうえで、ULD積付けおよび航空機への搭載を行うこととしております。つきましては、IATA危険物規則書に定める危険物貨物として「危険物貨物取扱手数料」を適用させていただきます。

  • 予約時にお知らせいただく内容

UN3090 Section Ⅱが含まれる貨物である旨、また混載の場合はUN3090 Section Ⅱが含まれるHAWBナンバー、及びそのHAWBの含まれるUN3090 SectionⅡの個数・重量を必ずお知らせ願います。      

  • AWB(ストレート貨物・混載貨物)に記載いただく内容 (添付資料参照願います)

①IATA DGRで定められた必要事項

②UN3090 Section Ⅱが含まれるHAWBナンバー、及びそのHAWBの含まれるUN3090 SectionⅡの個数・重量

  • 取扱手数料(例:日本発)

日本発

料金

1件あたり最低料金

10,000円

1梱包あたり料金

2,000円

1件あたり最高料金

30,000円

注意:日本発以外に関しては、発地国の弊社営業へお問い合わせ下さい。

  • 貨物搬入時間

定刻5時間前 (BUC不可、一般貨物とは分けて搬入)

  本件に関してご不明な点等ございましたら弊社営業担当または予約担当(0476-32-9310)までお問い合わせ下さい。

                                                                                                                                                               

 

添付資料: AWB 記入例

 

                                                                以 上

 

前のページへ