NCA - 日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT
ホーム > 日本貨物航空について > NCA自立化への歩み

NCA自立化への歩み

NCAは2006年5月12日のNCA Phoenix Project(中長期経営計画)の発表を皮切りに、今日まで着々と自立化の歩みを進めてきました。 各々の分野でこれまでの成果をご紹介します。

経営・組織
2006年   5月12日 NCA Phoenix Project(中長期経営計画)策定
  8月22日 日本地区の地域統括会社NCA Japan社を成田に設立
  9月25日 本社機能を成田に移転
10月  1日 アジア地区の地域統括会社NCA Asia-Pacific社を香港に設立
2007年   1月  1日 NCA Japan社 営業開始 Phoenix Project 08
  4月  1日 米国の地域統括会社NCA Americas社をニューヨークに設立
  4月  2日 欧州の地域統括会社Nippon Cargo Airlines Europe社をアムステルダムに設立
  4月16日 NCA Phoenix Project 2.0(中長期経営計画)策定
2008年   3月28日 NCA Phoenix Project 08(中長期経営計画)策定
    4月  8日 運航・整備・IT自立記念式典を開催  
2009年   6月23日 NCA フェニックス プロジェクト “デクラレーション・オブ・エボリューション”(NCA Phoenix Project “Declaration of Evolution”)(中長期経営計画)策定  
整備
2007年   7月  1日 Boeing 747-400Fの整備自社化を達成 整備自社化を達成 整備用ハンガー(格納庫)
  8月  9日 整備用ハンガー(格納庫)建設工事を発注
2008年   1月21日 整備ハンガー(格納庫)着工
2009年   4月30日 整備ハンガー(格納庫)竣工
運航
2007年   3月26日 B747-8F対応型フライトシュミレーターを発注 フライトシュミレーターを 乗員訓練センター
  9月  4日 乗員訓練センターの建設着工
10月  9日 「NCA グローバルオペレーションセンター」開設
2008年 10月  1日 乗員訓練センター竣工式を開催    
運送ハンドリング
2006年 11月  1日 関空、中部で新ハンドリング体制を確立 関空上屋施設
2007年   1月  1日 成田で新ハンドリング体制を確立
IT
2007年   3月12日 都内に『NCAコンピューターセンター』を開設 都内に『NCAコンピューターセンター』を開設
  4月  2日 運航系システム(ダイヤ管理システム Air Flite)が稼動
  7月  1日 整備系システム「i-Macs」が稼動
2008年   4月  1日 運航系システム「i-Sky」が稼動  
   4月  7日 貨物情報システム「i-Cargo」が稼動  
機材
2007年 10月29日 自社で独自に発注、受領した初めての機体Boeing747-400F 5号機「NCA Apollo」を受領 NCA Apollo NCA Antares
12月20日 Boeing747-400F 6号機「NCA Antares」を受領
2008年  3月 31日 Boeing747-200F退役を早める    
   5月 29日

Boeing747-400F 7号機「NCA

Andromeda」を受領

   
   8月 5日

Boeing747-400F 8号機「NCA

Aries」を受領