日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

採用情報|私たちと共に当社の可能性を追求していく仲間との出会いに期待しています。

PRINT

新卒採用情報

NCAの仕事とは
 

管理部門事業部門整備部門

オペレーション部門

整備部門

航空機の安全を司る部門です。

NCAでは自社で整備を行っており、実際の機体整備作業はもちろんのこと、その整備作業を支える技術支援、品質保証、生産管理、整備計画、整備訓練、整備に係わる部品や施設設備の調達、整備作業委託先の管理等 航空機整備に係わる業務全般を担っています。

2008年に整備訓練用シミュレーターが導入され、2009年には自社ハンガー(※)が完成しました。これらの設備を活用し、整備士の養成、整備能力の向上を目指しています。

※航空機の格納庫のこと

<社員紹介>

上野 博道(2009年入社)
整備グループ
技術品質保証部 技術チーム

私が所属する技術チームでの主な業務は、航空機メーカーや航空機部品メーカーより提供される技術資料を評価し、整備作業の指示書や基準(マニュアル)を設定することです。航空機に不具合が発見されれば、メーカーに報告し改善要求を行うこともあり、大きな責任とやりがいを感じる職場です。自動車も住宅も使用によりその躯体や設備がくたびれますが、航空機も使用により構造や装備部品に不具合が発生するリスクが高まります。このような懸念を払拭するため、整備作業により航空機を良い状態に保持しています。多くの情報を集約し総合的に判断する能力が必要なため行き詰まることもありますが、チーム員や他部署の社員に広くサポートを求めることで、有意義に業務を進めることができています。
  
多くのオペレーターの中で、いかに独自性を打ち立てられるかがNCAの課題です。みなさんの力がこの独自性を伸ばす原動力になります。NCAの仲間として一緒に働けることを楽しみにしています。

工藤 慎也(2013年入社)
整備グループ
技術品質保証部 品質保証チーム(兼)整備監査室

私が所属しているチームでは、整備に係わる品質の維持管理および向上に努めています。仕事内容は、航空法に基づき自社で定める各種規程の管理、整備に係わる人員の資格管理、実施した整備作業の品質管理等、多岐にわたります。その多くが、国の機関(国土交通省航空局)とのやりとりを伴い、どの仕事も緊張感のある重要な仕事です。私は、主に整備に係わる人員の資格管理を担当しています。資格管理については、管理の方針を自社で定めた上で、行っています。整備作業を実施するためには大切な仕事です。その分、仕事に対する責任感が増し、やりがいを感じています。

NCAの魅力は、どの部署に所属していても、常に航空機のすぐ横で仕事ができることだと思います。これは、航空会社で働く人にとっては、モチベーションになります。学生のみなさんが現在学ばれている事は、今後どのような道に進んだとしても何らかの形で役に立つと思います。広い視野を持って色々な分野を知り、自分が一生懸命に打ち込めるものを探してみてください。