日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT
ホーム > 日本貨物航空について > CSR活動 > 安全への取組み > 安全運航を維持する整備作業と装備品点検

CSR活動

安全への取組み
  安全管理体制 安全報告書 安全教育と訓練 安全運航を維持する整備作業と装備品点検


安全運航を維持する整備作業と装備品点検

出発前整備 Pre-Departure Maintenance(出発前整備)

出発前整備は、飛行前点検、不具合事項の処置、およびその他必要な整備作業を行います(写真は到着時のものです)。

飛行前点検では、あらかじめ定められたチェック事項をリストにし、整備士はそのチェックリストを基に点検を行います。
チェック事項をあらかじめリストにしておくことにより、点検作業を標準化し、安全運航につながります。


装備品点検 装備品点検(エンジン点検)

NCAのフレーターは強力なエンジンを4基備えています。
安全運航のためエンジンの状態の確認は重要項目のひとつ。

フライトごとに機長と経験豊かな整備士の両者が状況をチェック。
さらに2000飛行時間又は400離発着ごとに胃カメラのような内視鏡で内部を整備士が細かく検査をしています。