日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT
ホーム > 日本貨物航空について > CSR活動 > 環境への取組み > 航空機および施設における取り組み

CSR活動

環境への取組み



施設における取り組み

 

ライン整備ハンガー

ハンガー内部

成田空港整備地区に整備用ハンガー(航空機格納庫)を建設し、2009年6月より運用を開始しています。このハンガーの壁面や航空機が出入りする大扉には、自然光の透過性が高い「ポリカーボネート」と呼ばれる素材を使用しています。また、屋根面に設置した大型のトップライトとの併用で、昼間帯は照明を点灯せずに整備作業が可能となりました。更に、「バランス式自然換気窓」「雨水利用の機体洗浄」「屋上緑化」等の様々なエコロジーアイテムを取り入れることで環境に最大限配慮をして、年間のCO2排出量を従来型ハンガーの約30%削減を実現

しています。

NCAライン整備ハンガーパンフレットPDF File(3,108KB)



電動方式のフライトシミュレーター

現在使用中のフライトシミュレーター外観

実際の航空機を使用した乗員訓練に代替する方法として、操縦室を再現し、映像を使用した模擬飛行が可能なフライトシミュレーターの使用が普及しています。NCAも2008年10月の乗員訓練センター稼動に合わせ、施設内に設置しました。今回NCAが導入したシミュレーターは電動方式で、従来型の油圧方式に比べて、廃油等の排出を抑制するとともに、運転時における消費電力も従来型の約1/4という環境に配慮したシミュレーターです。