日本貨物航空(NCA:Nippon Cargo Airlines)は日本で唯一の貨物専門航空会社。豊富な実績とノウハウを活かし、輸送戦略のスペシャリストとしてハイクオリティの航空輸送サービスを展開しています。

NCA -Nippon Cargo Airlines-
日本貨物航空株式会社

日本貨物航空について|国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献します。

PRINT
ホーム > 日本貨物航空について > CSR活動 > 環境への取組み > 廃棄物の削減とリサイクルの取り組み

CSR活動

環境への取組み


廃棄物の削減とリサイクルの取り組み

NCAは、輸送の際に用いる養生材としての木材やプラスティックシート、また、航空機の整備の際に発生するオイル缶など、日々のオペレーションにおいて様々な産業廃棄物を排出します。
事業の中心地で自営施設を有する成田地区では、多くの産業廃棄物が排出されますが、地球環境保護のため再利用やリサイクルの方策を絶えず追求しています。

輸送後の木材の一部は、空港内貨物地区で加工され新たな養生材等に生まれ変わります。使用済みプラスティックシートは再生プラスティックシートの原料として、また、オイル缶などは再生金属の原料として、各々資源としてリサイクルされています。

2014年度には、659トンの産業廃棄物が生じましたが、このうちプラスティックシート、発泡スチロール、オイル缶、廃油等355トン(54%)をリサイクル資源として引取って頂きました。その結果304トンに減量された残りの産業廃棄物は殆どが木材となり、これらも処分委託先に引取られた後、木材製品の原料等としてリサイクルされました。

NCAは、輸送や運航の安全のために供されなければならないマテリアルは、正しく使用しながら、その一方で廃棄物となったものを再利用・リサイクルすることにより、今後も環境に配慮した資源循環を目指してまいります。